独身の頃、女子力アップのため1年間料理教室に通いました。一人暮らしで簡単な自炊は経験済みですが、基礎から習いたかったのです。

 

パン教室は、仕事帰りに通える便利な所にありました。難易度別に3つのコースがあり週替わりで和洋食の料理を習うことができました。メニューは事前に公表されるので、作って食べたいものに合わせて、レッスンを申込みできる所が良かったです。

 

生徒数名に講師1名が付き添って3〜4品作りました。最初にカラーイラスト付きのレシピが配布され、ポイント説明がありました。難易度に関わらず、講師の方が「この切り方わかりますか?」と生徒の反応を見ながら丁寧に教えてくださいました。調理や片付けの分担に偏りが無かったので、いろいろな作業が体験できました。調理後の会食が夕食代わりになり、料理教室の楽しみが増えて充実した時間を過ごせました。

 

しかし試してみると、家ではなかなか作ることができませんでした。選んだレッスンは、リゾット・パエリアといった普段家で食べない料理や、ワイン・オリーブ油など割高な材料の料理が多かったのです。レシピのイラストが写真であったら、切る時の大きさや焼け具合がわかりやすいとも思いました。会食前に料理の写真を撮っている生徒さんがいましたが、自分で作る時に必ず役立つと思います。

 

家庭環境が変わると、子どもがいるから時短で作れる料理を習いたい、安い食材で作りたいと、料理に対する希望も変わるのではないでしょうか。料理教室でたくさんのレシピを教えていただきましたが、蒸しパンやチヂミなど揃えやすい材料で手軽に作れるものは、主婦となった今では定番メニューになりました。今後料理教室に通うとすれば、安い食材を扱ったものや、お酢・発酵食品を活用できるコースがあると良いと思います。

  • 2017/09/15 13:10:15